tococoro 手作りミニチュア雑貨

ミニチュアに使うボンドと瞬間接着剤

接着剤

木工用ボンド


主にミニチュアフードを作るときに使用します。
家にあった木工用ボンドです。値段もお手頃でホームセンターなどで手軽に購入できます。

普通に接着に使用したり、絵の具を混ぜてソースにしてみたり、使い方もいろいろです。例としてはチョコパイのチョコレート部分に使ったり、乾くと透明になるのでそれを活かして、トマトの種部分にも使ったりしました。

これと同じ形で白いパッケージの「速乾」タイプもあります。いつも接着後は放置なので、本当に速いのかどうかはよくわかりませんが…。

・文具ディスカウント ソムソムズ SOMSOM'S
 木工用ボンド 税込 50g138円/180g289円(送料:国内一律490円)



強力接着剤 セメダインスーパーX2


主にストラップパーツを作るときに使用します。
ストラップはある程度強度が必要になります。2液を合わせて使うタイプの接着剤も家にあったのですが、今までくっつけたものが剥がれまくりだったので(使い方が悪かったのか…??)、もっと強力な接着剤を求めて、これを買ってみました。なんてったって、「スーパー」で「X」でしかも「2」ですよ(笑)。なんだか凄そうだ。

熱・雨にも強く耐久性にすぐれ、用途として金属、プラスチック、ゴム、シリコンなど、わりと何でもくっつくみたいなので試しに買ってみましたが、今のところ剥がれたことはありません。乾くと透明になるので、接着跡もわかりにくいです。なかなか良い感じです♪

ネットで探した中では、こちらのお店が送料も含め一番安かったです。その他様々な接着剤も揃っています。
・文具ディスカウント ソムソムズ SOMSOM'S
 強力接着剤 セメダインスーパーX2 税込299円(送料:国内一律490円)


・その他の取り扱いショップ一覧

※ここに記載されている内容から変更されている場合もあるかもしれませんので、ご購入の際にはリンク先のお店のページをご覧ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!

ミニチュア作りに欠かせないピンセット

ピンセット

私がミニチュア作りに使用しているピンセットです。
やはりピンセットなしではミニチュアは作りづらいです。

上の2本は元々家にあったもので、下の極細ピンセットはミニチュア用に新しく買い足しました。極細ピンセットは、粘土や作品についた埃を取り除くのにも大活躍です。極細は東急ハンズで1000円くらいのを買いました。上の2本はたぶん100円~300円くらいかと思います。

ピンセットの先がどれだけ細かいのかは実際に見ないとわかりにくいかもしれませんが、一応100円~1000円くらいまでのお手頃値段でいろいろ揃っているお店のリンクを張っておきます。参考にどうぞです。
ARUNE ピンセット一覧(送料:380~550円・沖縄1000円。5000円以上の注文で無料。)
※ここに記載されている内容から変更されている場合もあるかもしれませんので、ご購入の際にはリンク先のお店のページをご覧ください。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!

乾くと透けるガラス絵の具・グラスデコ

ガラス絵の具

乾くと透けるガラス絵の具です。何っ!こんなおもしろそうな絵の具があるのか!とダイソーで購入しました。

手軽にステンドグラスの作れる絵の具というもので、ビニールの等のツルツルした素材の上で描いて、後ではがしてガラスに貼ったりもできるみたいですね。

私はきいろをボンドで薄めてホットケーキのはちみつに使ったりしてみました。他にもいろいろ使ってみようと思います♪

ガラス絵の具の色

色味はこんな感じでした。上の写真の順番と対応しています。写真じゃあんまり透けているのがよくわかりませんね。黒だけは縁取り用なので透けません。ついコンプリートしたくなっていろいろ買っちゃったのですが、茶色だけ売り切れでした・・・。残念。

近所の店舗になかった時は頼みの綱、ネット通販。
ダイソーのとはまた少し違いますが、ネットショップでのお値段早見表です。
記事が長くなるのでたたみます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!

型取り複製にも使える「おゆまる」

おゆまる

80℃以上のお湯に3分くらいつけるとやわらかくなる「おゆまる」です。

百円均一ショップで購入しました。
2色セットで入ってます。
黄色+青セットと、ピンク+透明セットの2つを購入。
透明のは完全に透明だと思ってましたが実はラメが入ってました。

手前のピンクのがお湯につけて柔らかくしてみたもの。
これに原型を押しつけて型を作ったりします。
失敗しても、温めれば何度でも柔らかくなるので安心です。

私は耐熱容器にポットのお湯を入れて柔らかくしました。お手軽~♪
でも容器の底に柔らかくなったおゆまるがついたりしたので、おゆまる専用になりました。
鍋に水を入れて火をかけながら温める場合も、専用の鍋があった方が良いですね。

どのくらい精密に型取りできるかまたレポートしていこうと思います。


もし近所で見つからなくてネットで買うなら
ここにしようかと候補にしてたお店のリンクを張っておきます。

・教材・文具の文喜堂
 おゆまる2本入り105円(税込) ☆ 3つ買うと送料無料 ☆


・その他のお店一覧

※ここに記載されている内容から変更されている場合もあるかもしれませんので、ご購入の際にはリンク先のお店のページをご覧ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!

身近なものを再利用!省エネ節約パレット

牛乳パック

牛乳パックを再利用


ミニチュア制作に使用しているアクリル絵の具は、乾くと水に溶けなくなるので、プラスチックのパレット等は使えません。なので、大抵は使い捨ての紙パレットを使います。

でも「使い捨て」っていう道具がなんだか勿体無く感じてしまう貧乏性な私は、牛乳パックを再利用しています。中身のなくなったパックをしっかり洗って乾燥させ、切り開いてパレットにするのです。なんてエコロジー。

パックの中面はツルツルで耐水性があり、白いのでパレットにもってこい。元々ゴミなので、使い終わったら「こんなに使い込んでやったわ…!」という達成感と共に気兼ねなく捨てられます。

作業用スペースとしても活用


粘土を乾燥させるときや、ニス塗り乾燥のときにも、このパックの上に並べます。作業スペースが汚れていたりすると、ちょっと粘土を置いたときにゴミや埃がついてしまったりしますが、パックの中面は白いので汚れているかどうか一目瞭然。更にその上から埃よけとして、一面だけ切り取ったパックを被せています。

ミニチュア制作過程の写真でも、牛乳パックの上で撮ったりしています。絵の具を混ぜ合わせるとき、ボンドを出して少量ずつつけるとき、ちょっと粘土を置いておくとき、写真の背景にも、牛乳パックは大活躍なのです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!

ミニチュアを形作るヘラたち。

ヘラ4本

私がミニチュアを作る時に使っているヘラです。
主なものはこの4本。

安くて使いやすい!お手ごろ4本セット


上の赤いのはセットで入ってました。安いしとりあえずこれでいいや~って思って買いましたが、なかなか良かったです。ずっと使ってます。値段も安く、このセットでいろいろまかなえるので初めて買うのにおすすめです。

一番上のは、主に粘土を取り出すときに使用。ええ、形作りではないのですよ(笑)でも粘土取り出しには最も使いやすいヘラ。先の丸い方を使って使う分量だけ取り出します。
真ん中の2本は形をつけたりするときにも使いますが、ボンドをつけたりするときにも重宝。
もうひとつ平たいのが入ってましたが、ミニチュアには使ってないので除外。

これが同じものです。
→粘土ベラ(4本組) 252円 (税込)


精密部分用 鋭い金属ヘラ


下のは金属製で、多分1000円くらいするやつです。こっちは東急ハンズで購入しました。前に載せたフレンチクルーラーっぽいのとかこれで形を作りました。他の種類も買ってみたいです。

ネットで売ってるかな~?って探してたら、“スパチュラ”って呼び名があることを初めて知りました。でもケーキとか作るときにクリームをつけたりするやつも“スパチュラ”…。まぁ、つまりは“ヘラ”ってことですよね。
→参考:スパチュラの価格と種類(楽天ショップより)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!

ミニチュアを作る絵の具と筆

絵の具と筆

絵の具は大体アクリル絵の具を使います。私が今使っているのは、ターナーのアクリルガッシュ。どうしてこれを選んだのかというと、まぁ、あれです、家にあったからです。筆も家にあった中で一番細かったやつです。

私が使う道具は、基本的に家にあったものです。作っていて、もうちょっとこういうのがあればな~…って思ったときに新しく買い足したりしてます。写真の一番細い筆だけ買い足したものです。


アクリル絵の具とは


水溶性ですが、水彩絵の具と違うところは、いったん乾くと水を加えても溶けません。薄めて使って水彩絵の具のように淡い風合いを出すこともできますし、油絵のように盛り上げて重ねて塗ることもできます。なんて便利な。

小学校とかで使ってたようなプラスチック製のパレットの上に出したりすると、後で落ちなくなったりしちゃうので、使い捨ての紙パレット等を使用しています。乾燥も結構速いので、パレットに色を作って、ミニチュアにちまちま塗ってる間に「ぎゃー!もうパレットのが固まっとる!」なんてこともあったりします…。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!

ミニチュアって何でできてるの?

樹脂粘土・コスモスとグレイス

まわりの知人に作品を見せたときに「これ何でできてんの?」っていう質問がちょこちょこあったりします。ミニチュアを作っている方や、ミニチュアコレクターの方はご存知かと思いますが、知らない人向けにさらっとご紹介。

ミニチュアは主に樹脂粘土で作っています。


型を作って合成樹脂で複製したりして作っている場合もあると思いますが、趣味で作っている人のほとんどは樹脂粘土なんじゃないかと思います。私が以前作ったバラお皿は『樹脂粘土』で作りました。

樹脂粘土ってどんなもの?


紙粘土と同じように乾燥させることによって硬化しますが、その質感は、滑らかで弾力性と透明感があります。

樹脂粘土コスモス

何も絵の具を混ぜないで固めると、うっすら透けて見えます。お皿みたいに白くしたい場合は白の絵の具を混ぜてから形を作ったりしています。バラも絵の具を混ぜてから形を作りました。

値段も少々お高いです。大体紙粘土の2~3倍くらいでしょうか。種類や購入店舗によって差がありますが、千円近くします。ミニチュア作家さんたちは用途ごとにいろんな適した種類の粘土を使い分けたりしています。

私はコスモスという樹脂粘土を使っています。というかまだコスモスしか使ったことがありません…。いろいろ試してみようかと写真に写っているグレイスも買ってみました。説明によると、グレイスの方が透明感があり、硬化後も弾力性があるとのこと。
うん、まぁ実際使ってみないとよくわからんです。

樹脂粘土コスモス ネットショップ安いお店 早見一覧


材料はネットショップで買ったりもしています。ネットで購入する場合は、送料というものが入ってくるところが計算の面倒くさいところです。品物が安くても送料を入れると値段が変わってきちゃったりします。楽天ショップでコスモスを扱っているお店の、1個の値段と送料一覧です。参考にどうぞ。

店名
1個の値段
送料
ユザワヤ
609円
宅配便一律525円
(5250円以上の買物で送料無料)
グラスロードカンパニー
768円
宅配便一律525円
少量の場合は普通郵便290円~対応
シュゲール
806円
宅配便一律525円
メール便一律160円
(5250円以上の買物で送料無料)

※ここに記載されている内容から変更されている場合もあるかもしれませんので、ご購入の際にはリンク先のお店のページをご覧ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ←良いなと思った作品、記事があればクリック応援お願いします。励みになります!
プロフィール
小さいものを作るのが好きです。
樹脂粘土でミニチュアのお菓子、食べ物、きのこなどのアクセサリー雑貨を作っています。
活動履歴

お問い合わせはメールフォームからご連絡ください。

twitter @tococoro_mini
お知らせ
■出展・イベント予定2017

★4/2(日)
ミニチュア粘土教室「お弁当」

ART HOUSE
※教室は偶数月第1日曜、奇数月第2土曜に開催しています。


★4/20(木)~5/1(月)
ミニ個展
「不思議なキノコの小さな世界vol.2」

ART HOUSE 1Fミニブース



★4/29(土)
ミニチュア粘土教室「アップルパイストラップチャーム」

ART HOUSE


★5/27(土)&28(日)
デザインフェスタvol.45
東京ビッグサイト



■販売店舗
ART HOUSE(大阪北堀江)
北海道名販きのこ王国本店
(本)ぽんぽんぽん(大阪交野市)
新星堂イオンモール四條畷店(大阪)
新星堂モザイクモール港北店(横浜)
新星堂阿佐ヶ谷店(東京)

fitリーフ(愛媛今治市)
 ※2016年10月をもちましてお取扱終了致しました。

■ネット販売
ヴィレッジヴァンガード オンラインストア
出版
粘土で作る小さな世界 ディズニーミニチュアマスコット
tococoro著


粘土で小さなディズニーキャラクターを作ろう!っていう本です。たくさんのキャラクターマスコットとアクセサリーの作り方が載っています。全部作らせていただきました。ブログ詳細記事へ


妄想異世界 キモカワ粘土のふしぎ美術館
(レディブティックシリーズ)


6人の作家のふしぎな粘土小物作品たち。キノコ作品掲載していただきました。作り方も載っています。
ブログ詳細記事へ
ミニチュア作りの道具たち
ミニチュア作りの道具たちをご紹介。ちょこっとコメントつきです。個人的感想ですが参考になれば幸いです。ちょこちょこ編集していきます。
月別アーカイブ